トップ

キャビテーションの後は

キャビテーションとは

キャビテーションは脂肪を破壊する施術

別名「切らない脂肪吸引」と呼ばれることの多い、痩身エステの定番メニュー「キャビテーション」。
キャビテーションと聞けば、お腹や太もものお肉を器具でぶるぶる震わせている場面が連想される方も多いのでは?
しかしこのキャビテーションの施術を受けた方たちの中には
「全然痩せることができなかった」
「あまり効果が感じられなかった」
という声が実は少なくありません。

そもそもキャビテーションの痩身効果とは、超音波器具を使って振動を起こし脂肪細胞を破壊するという超音波ケア。そのしくみは「キャビテーション原理(液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象)」を応用して、器具を使って脂肪細胞の中に気泡を発生させて脂肪細胞を内側から破壊するというものです。

このように脂肪を「吸引」するのではなく、あくまでも「破壊」する施術なので、キャビテーションによって破壊された脂肪を体外に排出することができてはじめて「キャビテーションでやせる」ことができるわけなのです。
キャビテーションを施術することによって身体には次のような変化が起こります

1.キャビテーションによって皮下脂肪が破壊される
2.破壊された脂肪はリンパや血液に混ざって肝臓に運ばれる
3.尿として排出される。

そして上記のキャビテーション施術による活発な脂肪の代謝効果は、約4日程持続します。この4日間をいかに過ごすかで効果の出方が全く変わってくるのです。

このようにキャビテーションは、キャビテーション施術後のケアができてはじめて効果が感じられるというわけです。
ではそのキャビテーション効果を最大限発揮するためにはどうすればよいのでしょうか。

キャビテーションをお考えならこちら。

Copyright © キャビテーションとは. All rights reserved.